スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


堅実な男も大好きですが、痛い男も大好きです。
二次元に限って言うなら。

しかし痛いをDQNということなかれ。
礼節は大切だと思います。して、ここでいう痛いとはどういうことか。つまり俺様ということなのですが。二次元に限って言うならば、俺様ってほんとうに大好きです。
振り回されたい。引っ張られたい。愛されたい。
しかし、現実で考えたら私は溜め込むタイプなので、そんな男には一線越えた時の怒りっぷりが想像できて…。多分いらいらも多いと思うのです、現実なら。二次元ならば、その人大好き!っていう前提があるから大丈夫なんでしょうけど。
現実なら、色々現実的にそんな男は許せない。
さめた瞬間に色々破綻するのが目に見えています。

ということで何が言いたいかっていうと。
現実と二次元はやっぱ違うよねー!ってこと。


しかしでもどこか現実的だなと思ったのは。

私、十代後半は24才が大好きで。現在は28才が大好きで。
つまり、今の年齢に対しての好きな年齢があるわけです。

それで具体例として出したいのが、私は年齢が分かっているキャラで言うならば、三上亮(15)が大好きでした。
当時私はほぼ同年齢。
けれど、ネットには社会人のおねーさまと恋愛しているような彼を描くサイトもやっぱりいっぱいあって。
または社会人としての三上?

当時の私は、あまり社会人の三上に対しては何の興味も覚えなかったのですが。
それを今の私に置き換えると、15才のヒロインを想像して話を書くことはとても出来ない。社会人の三上を書いていたおねーさま方がなんとなく分かるなぁ、と。

うちBLサイトではありますが、その当時からドリームも読んでいたからこそなんですが。
なんというか、あくまでキャラ×ヒロインか、それともキャラ×自分で考えるかでまた違うんでしょうが。多分私は「私」なので。
なかなか、同年代のヒロインというのは「今の」私からいえば書くってできないんだろうなぁと。

ある種現実的~?

でもキャラとの恋愛を考えている時点では、現実的ではないですがw


そんなことを思いました。
ところでつういっかり見た、ワンピースのイゾウのドリームがとっても好みだった件。
好きだよ、ああいう現実的には痛いひと!w
スポンサーサイト


08/30. 20:06 [ 日記 ] . . TOP ▲
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。