スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あらちょっとまが空いた。
弟が卒業しました。そして後期試験をこれから受けます。笑
頑張って欲しいんですけど、こればっかりは私がどうこう…というものでもないのでがんばれーという気分。でも受かってくれると嬉しいんですよね、やっぱ。地味ーに同じ学校に通うのは夢だったりします。


してして。
先日LaLaちゃんと数ヶ月ぶり?いつぶりだろう?なレベルで会いました。数ヶ月に一度であり連絡を取り合うぐらいに中学から付き合いが続いてる子は彼女だけなので、地味になげーなーって思ってます。こういう人は大事にしたいものですねん。ただ未だに彼女の趣味は分からないけど(笑)
そしてLaLaちゃんと会って、カラオケいって途中途中に以下で書くアニメの話題が挙がっていたのが面白かった。笑 どちらかというと女性向け系なアニメの話題は話すことが多かったんですが、こうターゲットが男性向け(だろうと思われる)のアニメの話題で盛り上がるなんて(笑)

で、見てるやつは、魔法少女まどか☆まぎかです。今期アニメ、というか私は基本的に全部終わってから一気に見るというスタンスが多いので、リアルタイムで見るアニメは少ないんですが(後は地域柄アニメ少ないんです)、地味ーに見てます。
色んなところで騒がれていてなーにー?と思ったのがきっかけ。

結果→ナニコレ、オモシロイ。

ひだまりスケッチの方なので内容もそうなのかなー?ぼのぼの日常系なのかなぁ?と思いきや、そんなこと無かった。

wiki様拝借するとこんなあらすじ。

市立見滝原中学校に通う普通の中学2年生、鹿目まどかは、ある日不思議な夢を見る。そこは少女が魔法で戦う異世界。その少女の戦いを目撃する自分と、謎の白い生物に「僕と契約して魔法少女になってほしい」と告げられる夢であった。翌朝、彼女が通う中学に転校してきたのはなんと夢で見た美少女、暁美ほむらだった。そして彼女は「魔法少女になってはならない」と警告する。
以下略

これだけでナニコレ面白そう、な雰囲気です。

8話まで見た感想としては、魔法少女って、世界に対する生贄なんだなぁって。思い返してみれば、エヴァとかのシンジくんとかがそれに相当するのかな?私はちゃんと見たことがないので多少違うかもしれませんが。でもそれでいうと、ファンタジーモノの勇者とかは世界に対する生贄ですね。そういう意味では多く書かれてきたテーマなのかも。それでも魔法少女というどちらかというと小さい子どもをターゲットとしてきたことによって書かれることが少なかった分野なのかなぁと思います。
まぁ、魔法少女にならなければ痛い思いもする必要も無いし、世界がどんなに壊れていこうと傍観者的立場で被害者であることが出来る。もしかしたら肉親をなくすかもしれない、自分が死ぬかもしれない、その不条理に嘆くかもしれない。けれど、自分が戦う必要はまったく無い。
魔法少女ってそんな存在なんだなーってちょっと改めて気付いたわけで、テーマとしてはすごく心引かれる内容であったのです。

そんな感じで視聴を続けます。

あ!
PSPを手に入れました。俺の屍を超えてゆけをプレイしてます。これ終わったら遥か5やるんだ…!!
スポンサーサイト


03/06. 22:06 [ 日記 ] . . TOP ▲
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。