スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いらいら。どきどき。わくわく。
声に苛々します。父親と母親の。なんなんだ。
とりあえず、相変わらず家に帰るとお部屋でヒッキーしてます。
ああもう防音にならないかなこの部屋!


何か毎日のようにリボーンかいていて、久しぶりに書かなかったらなんか物足りなかった。けれど、日常生活の中で設定組む余裕は無いので(設定組めたの高校1年までだった・・・。後3年のテスト終わった後)
こう、パソの前に戻りたいわーという欲求が。
・・・・優しさをプリーズ言ってた友達に、そういえば、と某お姉さん設定のリボーン小話送りつけたりなんだりしていました、が・・・新しいの書きたい。
(子話って長さじゃないけれど・・・。普段の私ならちゃんと更新としてあげるレベルの長さはある)
ちなみにその友達ってば、次は「四つ巴で!」とおっしゃりやがりましたよ!笑
無理だからー無理だからー!つかヨツドモエってなにその怖い空間・・・!!!
あの設定のリボとむっくん、雲雀さんが一同に会したら惨状にしかならん・・・・!!!(・・・ツナは冷静そう。ええなんとなく)


・・・とりあえず今週は忙しいから無理ー。と自分を言い聞かせてみます。
代わりといっちゃぁ何だけど、何時もましてカプが混在するリボーンを自分なりに振り返ろうと思います。

初期(~黒曜戦前)
がっつり雲獄。ごっくんが可愛くてしゃーなかった時期です。
・・・まぁリボーンに興味持った原因が、夢にごっくんが出たからなんたけれど。笑。
雲雀との戦闘でね、なんか非常に萌え萌えしてました。

中期(黒曜戦)
骸さまーーーーー!!!!雲雀ーーーーーー!!!!!ビバムクヒバ!!!!!の時期です。
あの雲雀がぼろぼろに。サクラクラ病とか使ったといってもボロボロに。あああ萌え。いける。骸ステキ!そう思ってた記憶があります。
このとき、小言verのツナに本気で惚れました。一瞬、ツナ受け行けると思わせた小言ツナ。

後期(リング戦)
キョーヤ言ったぜこいつ!!!(←ディーノ)の時期です。ディノヒバラブー。だった時期。ディノビバ←骸が最高に好きだった。バイオレンスむっくんと、家庭教師ディーノ。・・・・色々な意味で顔が好みのカプだったんですよね、ここら。
この時期に回りがどんどんリボーンはまっていったような気がします。確か。
丁度アニメ始まったりなんだり、という時期。
周りが見事にツナ受けでね・・・。しかも小言verを推奨するもんだから。笑
なんかだか今は染まっていますが当時は拒否していた記憶があります。
ちなみに今なんでもいける。笑 ああでも、ヒバツナだけは裏系好きじゃない。なんか2人はそこまでの関係に行きそうで行かなそうなイメージ。

やー・・・ヒバ獄はもう読めないんだけど、他はまだいけるってあたりで自分楽しいなぁと思うわけです。まぁ今回に関してはツナ攻めはあんま好きではないのですけど。(ノーマルはどれでも余裕にいけるあたりでキラとツナは違う)(キラは基本なんでもいけるけど、根底にアスキラっていうのはどうしても外せなかった)

とりあえず、今の私の一押しはリボツナwかな。笑

あー時間が無くなってきたのでまた後日ー。
今日着物着るんですよ~vvv着付け楽しみだv
スポンサーサイト


03/08. 00:10 [ 日記 ] CM0. TB0 . TOP ▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://kazu2113.blog13.fc2.com/tb.php/437-5808e98b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。