スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


PHASE-36 アスラン脱走
・・・・・・なんだか、とてもアバンのアスラン受け子だったね(にっこり)(誰に言ってる)

あーもーヤダあの子愛しい愛しすぎる・・・ッ!
あんなの1人身近にいたらやだけど(をぃ)一日だけなら欲しいよ!

ミドリムシとか言ったりしたけど、そんなミドリムシでも大好きなんだーッ!!!





・・・す、すみませ。

やっぱりアスラン大好きだよと思った今日。
あまりにもいい意味でもって期待通りで、
相変わらずの回想キング(キラに対して特に)で、
カガリ忘れすぎで、

女難どうなったんだかわからなくて、

ヘタレの時期が長いとしても、

大好きだ!

アスラン・ザラ愛してるよ・・・!



何か自分で書いてて凹んできた・・・


・・・多分アイツは無意識での女性の扱いは上手いが、押されるとどうしていいかわからなくなるヘタレっ子になるとみた(知ってる)






・・・まぁ、真面目にいきましょうね(何だかこれ毎度の事になりつつありますねぇ:笑)




  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://kazu2113.blog13.fc2.com/tb.php/27-c2169364
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


機動戦士ガンダム SEED DESTINY PHASE-36『アスラン脱走』
「俺は彼の言うとおりの戦う人形になんかはなれない・・・。いくら彼の言う事が正しく聞こえても。」アスランを追い詰め、逆に自分の迷いを断ち切ることになったのは、デュランダル議長のチョンボとミーアの一言でした。その言葉は正しく聞こえても、その行為について
アスラン脱走
サブタイトルどおり、アスランはジブラルタル基地から脱走した。その手助けをしたのは、ルマナリア・ホークの妹、メイリン・ホーク。いつもツインテールの髪型の通信士。どちらかというと、あまり前に出る方ではなく、消極的な印象だったけど、あのアスランを匿う時の気転の
SEED DESTINY 36話
最近、増長しすぎのシンをアスランが殴ってもやっぱりちゃんとシンをしとめなければ死にきれるもんじゃない!と思っている全国のS-Dファンの皆様!早速感想に入ります。
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。