スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


次はいつ京都にいこうか?
そんなことを素直言える孫なら良かったんですけど。
融通がきかない性格なので…なんだかもうひねくれた言い方になってしまったのが申し訳ない。
10月ぐらいに行きたかったんですけどね。
車椅子でも良いよと言っていたんですが。

本日祖父がなくなりました。
こんな私事をネットに公開するなんて、と思う自分もいますが、ここは私の徒然の置き場。
そういう日もあっていいのだと思います。

祖父の記憶といえば、怒られた記憶もいっぱいあって。写真は厳しい顔が多いけど、あれは緊張してるだけだったりということも最近少し感じています。へらっと笑う姿とか、涙を見せる姿とか。写真には残ってないいろんな表情を見てきました。私の名前を呼ぶ姿とか……まだまだいっぱい記憶があるし、思い出せるし。声だって、まだまだ思い出せるんですけど。
それがいつか忘れていくんだろうなーと思うとちょっと切ない。
けど、曾祖母の時も、叔母の時も…そう思いながらいつか慣れていったので、今回もそうなんでしょう。
声も顔もまだまだ、記憶もまだまだ…。
記憶に限っていえば、曾祖母だって覚えてる。叔母だって。
もちろん、祖父の記憶だって。

…ただ残された側の感傷なんて、たぶんどうでもよくて。
今、ただ思えるのは、祖父が満足する人生であれば良かったなと。
私は祖父に対しては後悔ばかりではありますが、祖父自身がそうでなければいいな。

苦労をかけた人生だったでしょうけど。
それでも、私と一緒に生きてくれた26年、本当に感謝の言葉しかありません。
その場の感情で大嫌いだと思ったことがあったとしても、今私が言えるのはそれだけです。
大好きです。
今まで本当にありがとう。
後、何十年後か分からないけれど、また会える時を楽しみにしています。
でもこの前に、夢でもいいから会いたいな。お話したいな。出来るかな、出来るといいな。
ひいばあさまにも会ったことないんだけど。
でも、おじいちゃんに会いたいな。



後、こんな別れが何度もあると思うと本当にもう、生きるってすごいなーって思います。
ご飯を食べることも、トイレにいくことも……生きてるってすごいな。

スポンサーサイト
07/07. 00:05 [ 日記 ] . . TOP ▲
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。