スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【感想】戦国BASARA -The Last Party-
箇条書きの感想です。
考察等々の問題ではなくつっこみと叫びで形成されていますwww

好きな方からみたら、おまえばかにしてんのかというつっこみもきそうだとはおもいますが、わたし、この作品きらいじゃありません。
だってBASARAだものwwwつっこんだらまけだとおもいつつ、つっこみたいww


スポンサーサイト
伝説の勇者の伝説、屍鬼、パンティ&ストッキングwithガーターベルト簡易感想
地味に体調が悪い…。うーん。あれだ。とりあえずあれだ。

年末前から昨日までにかけてみたアニメ。
伝説の勇者の伝説
屍鬼
パンティ&ストッキングwithガーターベルト
機動戦士ガンダムOO(二期と劇場版)
です。

どれも面白かったです。どれも総括感想を書きたいんですが、今はその時間が無いので…残念。
ただどうしても、00だけはちゃんと書きたい。
その他は簡易的に。

>>伝説の勇者の伝説
ドラゴン・マガジンに最初にのった時にここまでの話になるなんて想像もしていませんでした…。むしろ負けると思っていた…(短編を載せて、人気投票で一位だった作品が連載権を得る、みたいな企画)それでも一巻を読んだときに、純粋に面白い!と思ったのは未だに覚えています。
「伝説の勇者」の伝説には何かがあるんじゃないか、その着眼はすごく面白いなと。伝承があるかぎりにゃ何かがある。そんなこと当たり前のようで、それを物語にするなんて!っていう意味。後は一部終了ぐらいからの驚きで現在も唯一富士見で買っている作品です。惜しむべきはもう設定についていけなくなっているあたり。笑 どうにかしてちゃんと読み直したいような、うーんwみたいな部分。

アニメ化が決まったか、アフレコ最終の後書きで、「この作品を愛してくれているスタッフさん」と作者の方が言っていましたが、まさにその通りだったなぁ、と。愛されてる作品でした。原作に出来るだけ忠実に。けれどテンポ良く。原作をもう忘れかけているのもありましたが、すごく楽しめた。
しかし個人的に欠点なのは、伝勇伝のちびっこはうざい女の子が多い…wwまぁそれも含めて魅力なんですかね。

>>屍鬼
小野せんせーの屍鬼。怖いの嫌!!という理由で原作を読んでいないので簡易的に。
人間って…、そういうもんだよなぁ…。
としみじみ。いい意味悪い意味、いろんな意味で、人間ってそうだよなぁ…と。
物語はひとつの視点から進むけれど、その中に生きている人間数だけの物語がある。まさにそういう話。盛り上がりもあるけれど、エンディングらしいエンディング、「楽しかった!」「ちょっとこれは…」どちらもいえないようなエンディングが印象に残りました。でも物語ってそういうものだと思う。人生ってそういうものだと思う。アニメらしいアニメを求めてる人には向かないだろうなぁと思いつつ、そういう意味でいい作品でした。

>>パンティ&ストッキングwithガーターベルト
一話の衝撃が忘れられない…。笑撃と言いたいくらいだけれども…すごく一話が面白かった。そして作画の本気も面白かった。ただ2~5話くらいまでは必要な部分だったんでしょうが、正直もう少しはしょっても良いんじゃない?とは思いました。鬼の姉妹が出てきてからはまた楽しかったけれど、うーん…。まぁ、エンディング的な意味では続編!続編!!と期待したい気持ち。
なんだかはっきりしない感想ですが、これも面白かったです。笑うときはすごく笑うんだけど、全体の構成的にはいまいちだったかなぁ…。うーん。ああ。ギークボーイはいつも髪を上げてればいいと思います。ちょうかっけー。


そんな感じの3作品でした。
00はまた今度!




最近のあれこれ。
高校時代の友人達とあそんできました。
まさかひとりが携帯忘れて連絡とれなくなるとは思わなかったけど。笑

高校の時を思い出すようで、とても楽しい時間でした。
短大は行ってからはネットの友人にシフトしたので、直接あって話すなんてことはあんまり無く。久しぶり。みんなジャンル違って、趣味も違って(内2人ぐらいずつかぶってはいるんですけどね)、でもまぁお互いに話したいことはなして。(あの場にいると私は聞き手じゃなくて話し手に回るからかしら)

そんな感じでカラオケいったり、楽しい時間でした。
また是非。



そして薄桜鬼をプレイしました。☆5つが最高として換算

キャラクター:☆☆☆☆☆
攻略順を選べなくて悶えるゲームは始めてでした

CG:☆☆☆.8
とても素敵だけれど、たまに惜しい…。
ごく一部だけだけど、崩壊しかかってる気がする。
土方ラストさえなければギギギギギギ

シナリオ:☆☆☆
すっげー惜しい。押さえるとこ押さえてるのに一歩足りない…。

総括:☆☆☆☆
心の中はキャラクターと押さえてるとこ押さえてるだけで5をあげたい。
しかしシナリオの以下の点で減点。決して悪いわけじゃないのに…と歯軋りしてしまいたい。
理由1:おまえら何時そうなった?wと聞きたくなる恋愛ルートの唐突感。(時間とか容量の関係は理解するんだけどwけどもったいねぇww)
理由2:ここはシステムの問題なのかもしれないけれど、ルート選択の差分のシナリオ。選んでない選択肢の話題を選んだルートで言われても正直困る。これが最大の原因。すっげー惜しい。プロデューサーかディレクターかライターか。どこに責任を求めるかわかんないとこだけど、これはねーわ。
つまりキャラクターと絵で最大限稼いでいるんだけれども、スチルの微妙な点で減点。シナリオ上記の点で減点。ライターさん、もう少し適合性っていうものをさ…?w上手いとは思わないけど、下手でもない、っていうレベルでした。

総評としてすげー惜しいゲーム。
しかし二次元で想像できるタイプにはとても美味しい。

キャラそれぞれにいま書いてるんですが、なかなか…w
(土方でなきまくってるせいで、書けない!w)

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 総括感想
今期のお気に入り~☆
と言いたいアニメでした。なかなか手を出さない系だったかな、私にしては。

一応見たけれど、本当は原作読んでから本当は感想を書くつもりだったんですがまぁそこはおいて置いて。
そんな感じなのであくまでアニメに寄る(そしてネットで入れた情報)




黒執事Ⅱ 総括感想
前提
・アニメ一期は見ていません。(なぜ今回見たってニコニコ動画でやってたからです。それにつきる)
・原作は二巻で切りました(二巻で、セバスチャンが悪魔だよ☆っていってるあたりで嫌な予感がした。色々と)


あ。一期を見ていないからいろいろと意味不明です。


知ってる方にとってはそんなことはどこぞで解明されてる!的な感想でしょうが。まぁだらだらと書きます。

「あくまで、執事ですから」

これの当て字が出た瞬間、あーもういいや、と思った数年前でした。セバスチャンが何であろうと当時の私にとって斜め上を想像させるものはもういいやー!っていう感じだったんですね。
で、Ⅱでは。

「あくまで貪りたい」

と。クロードさんの台詞ですが、あらまぁ上手いことー、と。笑 クロードさんは原作でもいる話なんでしょうか?ちょっとわからないんですが、飽くまで、というのはなかなか素敵。まぁ、飽くまで、つまり飽きるまで、っていうことなんでしょうが。



そんな感じで以下



  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。